水没車 台風破損 廃車

ぜーんぶ新車購入

自動車には買い取りと下取りがありますが、何が違うのでしょう。

 

買取りは、乗用車を売って、それを現金に変え、そのお金で新しい車を買上ることです。

 

買取りの値打ちは、複数の業者に審査を依頼できるので、高く売却できるところです。

 

欠点は、相場変動が激しいので、価額が平衡しないところです。

 

中古車相場は競売会場や地方の開きで大きく変わってくるからです。

 

尋常、下取りは、愛車を売った同様の販売店舗で次の車の購入資金に充てるという方法です。

 

すなわち、乗っていた車を引き取ってもらうという方法です。

 

下取りの特長は、同じお店で取引するので手間が少なくて済むところです。

 

痛い所は、実際の下取り価値がわかりにくく、買取に比べて、査定額が低くなりやすいところです。

 

下取りの元ととなる価格表を手本に審査するのですが、値打ち表は業者間のオークション相場に必ずしもリンケージしていません。

 

かつ、社外品パーツについても、下取りの場合、審査が期待できません。

 

買上も下取りも長所短所ありますが、なにはともあれ、自分自身の車の鑑定金額の料金を理解してから、下取り取り引きに臨むのが賢明です。

 

 

そういったことからぜーんぶ新車購入ということになります。

 

 

トップページ