買い取りと下取りの違いに込めた想いを紹介しています

買い取りと下取りの違いに込めた想い

買い取りと下取りの違いっていったい何?
買取と下取とは、なにが変わるのでしょう。買い取りは、今乗っている車を売って、それを現金に変え、その現金で新しい車を買うというやり方です。買取りの長所は、何軒かの業者に品定を求めろことができるので、高く売りわたせるところです。痛いところは、相場変動が烈しいので、値段が安定しないところです。中古車相場はオークション会場や地方の違いで大きく変わってくるからです。

 

一方、下取りは、愛車を売った同じ販売店で次の車の購入資金に充てるという方法です。要するに、乗っていた車を引き取ってもらうというやり方です。

 

下取りと買取のメリットとデメリットについて解説します。

下取りのメリットは、同じお店で取引するので手間が少なくて済むところです。欠点は、現実の下取りの値打ちがわかりにくく、買取りに比べて、査定額が低くなりやすいところです。下取り基本価格表を元に査定するのですが、プライス表はディーラー間のオークションマーケットプライスに必ずしもリンケージしていません。

 

また、社外品パーツについても、下取りの場合、評価が期待できません。買取も下取りも良いところと悪いところがありますが、まずは、自分の車の査定金額のマーケットプライスを知見してから、下取り取引きに臨むのが合理的です。

 

 

 

【水没車】や【台風被害】などの【損害車】を廃車する前に確認してください。